9月
9月6日(金) 9月16日(月祝)
ヒメツチグリ科のキノコです。夏から秋にかけては、キノコがよく見られます。出てから数日で枯れてしまうのでお見逃しなく。 コカマキリの成虫です。体長5センチほどで、カマキリの中では小さい種類です。
   
 9月20日(金)   9月27日(金)
   
 ネキトンボです。赤とんぼ(アカネ科のトンボ)の中で最も早く赤くなります。11月ごろまで見られます。  8月末にプログラムで植えた「そばの花」が咲きました。
7月
7月3日(水) 7月9日(火)
ホタルブクロ(キキョウ科)が咲き始めました。 夏の人気者、ノコギリクワガタが現れました。
 7月11日(金)  
   
 ヒグラシが羽化していました。普通、日没直後の羽化が多いのですが、午後2時ごろに見られました。  
5月
~いきもの情報~ 5月3日(金祝) 5月3日(金祝)
野鳥
サンコウチョウ、オオルリ、キビタキ、ヤブサメ、サンショウクイ、センダイムシクイ、イカル、カケス、ホオジロ、ヤマドリ、アオバト


モチツツジ、ウワミズザクラ、コバノガマズミ
「アケビ」の花が満開です。良い香りが漂っています。 ケージで飼育している「オオムラサキ」の幼虫が2~3㎝に成長しました。
5月25日(金)
アオダモの花が、アカマツの散策路で咲いています。
11月
 11月13日(水) 11月22日(金)
山がようやく色づいてきました。
今年は黄葉がちょっと遅いです。
ウリハダカエデなどの黄葉がピークです。
里山歳時記 令和元年度
1月
 1月8日(水)  1月25日(土)
クロモジの冬芽です。春(4月)になると丸いところに小さな黄色い花が咲きます。細長いところは葉になります。 オオムラサキの幼虫がエノキの落ち葉の裏で越冬中です。
12月
 12月13日(金)  12月25日(水)
暖冬といわれていますが、朝は冷え込み、霜がおりています。葉に降りた霜が芸術的な光景を作り出しています。 今年も無事に山での活動ができた感謝の気持ちを込めて、「歳徳神」を作りました。コナラの薪を土台にして、松、梅、ソヨゴ、シデ、ナンテンなどで飾ってあります。
 4 月  5 月  6 月  7 月  8 月  9 月
 10月  11月  12月  1 月  2 月  3 月
3月
3月6日(金) 3月13日(金)
フキノトウがどんどん顔を出し始めました。

アセビの花が見頃です。これから樹木系の花が次々と咲き始めます。
 3月25日(水)  3月25日(水)
   
 キブシの花が咲き始めました。
 桜(ソメイヨシノ)のつぼみがふくらんできました。
2月
2月1日(土) 2月18日(火)
コナラの朽木の中に、クワガタの幼虫がいました。数年かけてゆっくり成長します。 約4㎝の積雪がありました。
雪遊びにはちょうどよいと思います。
10月
 10月6日(日)  10月11日(金)
アケビ(ミツバアケビ)の実が成っています。
中にたくさんの種が入っていて、甘くて食べられます。
雨上がりの静かな昼下がり、アナグマが歩いていました!そっと近づいても気づかれませんでした。
8月
8月11日(日) 8月14日(水)
ボタンヅルが咲いています。真夏にふさわしい清涼感あふれる姿です。 ハラビロカマキリの子どもがいました。あと1か月くらいで成虫になります。
6月
6月11日(火) 6月18日(火)
モリアオガエルの産卵が始まっています。 ビオトープ池ではトノサマガエルが近くで見られます。