1月
1月6日(水) 1月19日(火) 1月20日(水)
新年あけましておめでとうございます。毎年雪のお正月ですが、今年はとても暖かく、梅が開花しました。 ホオノキの実が落ちていました。中に種が入っています。 例年より1か月遅れの雪景色となりました。
1月26日(木)
寒波の襲来で水車が凍りつきました。雪は適度に残っていて雪遊びができます。
  12月
12月6日(日) 12月10日(木) 12月23日(水)
タカに襲われたとみられるカケスの羽根が落ちていました。青い模様がとてもきれいです。 ムラサキシキブの実がまだ野鳥に食べられずに残っています。 ボランティアスタッフさん手作りの門松です。迎春準備も進んでいます。
12月23日(水)
山仕事の安全と感謝をこめて歳徳(としとく)神飾りも作りました。
みなさま、よいお年を。
  11月
11月11日(水) 11月14日(土) 11月25日(水)
イチョウの葉が半分くらい落ちてとてもきれいです。 ルリビタキが北方から冬越しにやってきました。3月ごろまで見られます。 カマツカがきれいに黄葉し、赤い実をつけています。
  10月
10月6日(水) 10月12日(月祝) 10月22日(木)
「オタカラコウ(キク科)」の花が咲き始めました。渓流沿いの湿った場所で見られます。 「センブリ」の花が咲いていました。千回煮出してもまだ苦いというくらい苦いですが、胃腸薬として昔から利用されています。 「トリカブト」の花が咲いていました。名前の由来は、鶏のトサカに形が似ているからと言われます。美しい花ですが、毒があります。
10月23日(金)
「ソヨゴ」の実が鈴なりです。これから冬にかけて野鳥たちの貴重な食料となります。
  8月
8月4日(火) 8月11日(火) 8月18日(火)
グンバイトンボがモリアオガエルの池で見られます。オスの中足と後ろ足に相撲の軍配の形に似た白い飾りがついています。 「サギソウ」が咲き始めました。真夏の炎天下にささやかな涼を感じます。 ツチアケビの実です。
ナラタケの菌と共生するランの一種です。実は苦味があり漢方薬にもなります。
8月26日(水) 8月26日(水)
モリアオガエルがいました。6月の産卵期以外は樹上で生活し、めったに見ることができません。 秋の到来を知らせる「ネキトンボ」が増えてきました。
  6月
6月4日(木) 6月6日(土) 6月13(土)
ギンリョウソウ(銀竜草)を木の実の散策路で見つけました。
菌類に寄生する植物です。
ハンノキ林池でトンボが羽化していました。
みずみずしい羽根がとても美しいです。
今年は少ないですがササユリが咲きました。
6月20日(土)
ケージで飼育しているオオムラサキの羽化が始まりました。
  5月
5月8日(金) 5月10日(日) 5月19日(火)
クリンソウの花が最盛期です。
ヤブデマリが咲いています。 エゴノキの花が咲き始めました。
5月20日(水) 5月21日(木) 5月23日(土)
ヤマボウシの花が咲き始めました。ハンノキ林の奥で見られます。 ベニバナヤマシャクヤクが園内の野草園で見られます。 コンニャクの花が咲きました。 4年間かけて大きくなった芋が全ての栄養を使って花を咲かせました。
  4月
4月2日(木) 4月3日(金) 4月18日(土)
春の陽気に誘われて、イタチが姿を見せてくれました。 ヤブツバキの花が咲き始めています。 アケビの花が咲き始めました。(写真は雌花)
4月28日(土)
「ウワミズザクラ」が咲き始めました。花粉を求めて昆虫がたくさん集まっています。


Home
里山歳時記 平成27年度
  3月
3月4日(金) 3月23日(水) 3月25日(金)
ぽかぽか陽気でフキノトウが顔を出しました。 タマゴケ(玉苔)のかわいい「胞子のう」が出ています。 トラツグミがいました。窓ガラスにあたって少しの間じっとしていましたがまた飛んでいきました。
  2月
2月7日(日) 2月13日(土) 2月23日(火)
久しぶりの雪景色です。約20センチ積もり、雪遊びができます。
道路は除雪済です。
コナラの朽木を削ると、ミヤマクワガタの幼虫がいました。冬でもゆっくりと成長しています。 ヒキガエルが産卵していました。
春も近くなってきました。
  9月
9月8日(火) 9月23日(水) 9月23日(水)
「ギンリョウソウモドキ」(銀竜草モドキ)がこもれび園地に生えていました。キノコの栄養を吸収して成長する腐生植物です。 「コバノガマズミ」の実が成っています。 さまざまなキノコが出ています。
形も色も大きさもさまざまで、目を楽しませてくれます。
  7月
7月4日(日) 7月10日(金) 7月20日(月祝)
ハンノキ林の池に、トンボの「オニヤンマ」の大きな幼虫(ヤゴ)がいました。オニヤンマは成虫まで5年ほど幼虫で過ごします。 梅雨どきは、コケ類が最も美しい季節です。 セミの「ヒグラシ」が羽化していました。いよいよ夏本番です。
 4 月  5 月  6 月  7 月  8 月  9 月
 10月  11月  12月  1 月  2 月  3 月