里山歳時記 平成22年度
 4 月  5 月  6 月  7 月  8 月  9 月
 10月  11月  12月  1 月  2 月  3 月
 
  4月
4月3日(土) 4月3日(土) 4月3日(土)
野鳥の森が整備されました。今はウグイス、ヤマガラ、カワセミ、ミソサザイ、カケス、ホオジロ、ツグミなどの野鳥の姿や鳴き声が確認できます。 野鳥観察小屋付近に、野鳥が好む実の成る樹木(マユミ、ムクノキ、ユスラウメ、カキなど)を植栽しました。(白い網はシカよけです) 『キブシ』という木の花が咲いています。鮮やかな黄色い小さな花が春風にゆれています。
  
 4月3日(土) 4月4日(日)   4月6日(火)
     
桜の開花も、もうすぐです。
篠山市内でもこのあたりは少し遅めで、長く桜が楽しめるスポットなのです。
ダム湖周辺には約200本の桜が植えられています。
全体としてはちらほら咲いていますが、今度の週末ごろが満開になりそうです。
この2日間で7部咲きになりました。
これからが見頃です。ぜひお来しください!
  
 4月6日(火) 4月9日(金)   
     
 駐車場辺りの風景です。
 本日、満開になりました。   
  5月
5月4日(祝) 5月4日(祝) 5月5日(祝)
まさに若葉が萌える光景です。
オニグルミの新芽が鮮やかです。 ウワミズザクラの花が見頃になってきました。
5月8日(土)  5月14日(金) 5月14日(金)
新緑は日を追うごとに色濃くなっています。 クリンソウが咲き始めました。
来月初旬くらいまで見られると思います。
モミの木の新芽です。色の違いが面白いです。
 6月   
6月4日(金) 6月4日(金)  6月4日(金)
ジャケツイバラの花が見頃です。
こもれび園地前の渓流付近などで見られます。
リョウブの新緑が鮮やかです。 今年もモリアオガエルが産卵にやってきました。ハンノキ林の池ではすでに15個くらいの卵塊が見られます。
6月16日(水) 6月16日(水) 6月18日(金)
ツチアケビです。ナラタケ(きのこ)の菌と共生して育つ寄生植物です。梅雨入りと同時にニョキニョキと出てきました。 ササユリが咲き始めました。
近寄ると甘い香りが漂ってきます。
雨の日は、イモリ(写真)やサワガニがひょこひょこと道に出てきています。
  
 6月27日(日)    
     
公園内のゲージで飼育しているオオムラサキが羽化し始めました。7月中旬ごろまで見られると思います。    
7月
7月 1日(木) 7月 8日(木) 7月16日(金)
ヒオドシチョウです。こもれびの園地付近で見られます。真夏の一番暑い8月は夏眠して9月にまた出てきます。 オオムラサキの飼育ケージ内では今、成虫が一番見られる時期になりました。 梅雨明けももうすぐ。ヨツスジハナカミキリがアジサイの蜜をなめにきていました。
 
7月21日(水)
先月、少しだけ出始めていたツチアケビがこんなに大きくなっていました。
8月
8月1日(日) 8月4日(水) 8月10日(火)
秋の七草のひとつ、キキョウの花が咲いています。うだるような暑さも、ふと忘れそうです。 夕方になると、カナカナカナ・・・と、『ヒグラシ』の大合唱が聞かれます。よく見るとお腹が透けています。声を大きく響かせるために空洞になっています。 ショウリョウバッタです。秋には10cmくらいになりますが、今はまだ子供です。
 
8月19日(木) 8月21日(土)
山の中に突如現れた赤いソーセージ!? これは、ツチアケビの実です。花が咲いてから約1ヶ月でこのようになりました。(先月に花の写真あり)  長らく名前の無かった公園の案山子に名前がつきました。
『さっちゃん』です。よろしくお願いします。
9月
9月1日(水) 9月3日(金)
公園で育てているジャンボかぼちゃを置いています。10月17日(日)の里山まつりでは、さらにもっとでっかいかぼちゃがお目見えしますのでお楽しみに! 『オタマジャクシ』から『カエル』になったモリアオガエル(まだ1cmくらい)が池の中から次々と陸地へ上がってきました。ただ、猛暑で雨が降らないので、まだ水辺でじっとしています。雨が降ると、一斉に山中へと入っていきます。
 
9月9日(水) 9月25日(土)
そばづくりプログラムで、先月29日に植えた『そばの芽』が、猛暑に負けず出てきました。 種を植えて1ヶ月も経たないうちに、もう花が咲き始めました。無農薬でも病害虫を寄せ付けず元気に育っています。
10月
10月1日(金) 10月1日(金) 10月14日(木)
俗に赤とんぼと呼ばれるトンボは数種類ありますが、これは『ナツアカネ』というトンボで、初夏に田んぼで羽化し、夏の暑い時期は高地で避暑し、最近になってようやく秋風に乗って低地へおりてきました(写真はオス) メスはこのようにあまり赤くなりません。 巨大キノコ発見! オオイチョウダケです。今、園内では多くのキノコが生えています。キノコは日本に約3,000種類あり、有毒、無毒の判別はとても難しいですので、決して食べないでください。
 
10月22日(金) 10月27日(水)
『ササキリ』です。笹を切るような、シャキシャキという鳴き声が名前の由来となっています。なぜか頭を下に向けてとまっています。 園内のゲージで飼育しているオオムラサキ。夏に成虫が産んだ卵からたくさんの幼虫がかえって、今2cmくらいになっています。もうすぐしたら地面に降りて枯れ葉の裏で冬眠します。今日は気温が昼でも10度以下でした。幼虫達もそろそろ冬支度です。
11月
11月3日(水・祝) 11月3日(水・祝) 11月9日(火)
ヌルデの葉が紅葉しています。
森全体の紅葉は今月中旬頃と思われます。
水辺の広場で『キノコ』がどんどん出てきています。雨が降ると1〜2日で大きく成長します。 今日は北風が強く、舞い散る落ち葉が深まる秋を感じさせてくれます。
黄葉がだいぶん進んできました。
 
11月23日(祝)    
   
昨夜の雨で色鮮やかな落ち葉が増えました。そろそろ晩秋のひんやりした風が吹き始めました。    
12月
12月 2日(木) 12月 2日(木) 12月 14日(火)
『クロモジ』の黄葉です。春は早くに花を咲かせ、秋は遅くまで黄葉を楽しませてくれます。 10月初旬に、クリの木にシートを巻いておきました。ちょっとめくって見ると、冬越し中の虫たちが多く見られました。 公園内のエノキの根元に、オオムラサキ(左)とゴマダラチョウ(右)の幼虫が、落ち葉の裏にくっついて越冬していました。見た目はよく似ていますが、背中の突起の数に違いがあります。
1月
1月 4日(火) 1月 4日(火) 1月 7日(金)
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
年末から元日にかけて降った雪がまだたくさん残っています。ぜひ、雪遊びにお越しください。 活動スタッフさんが作ったチェンソーアートに今年の干支が仲間入りしました。
昨夜から降り続いた雪で園内は積雪20センチですが、道路は除雪してありますので安心してご来園ください。
 
1月 7日(金) 1月 9日(日) 1月16日(日)
ハンノキ林の池に氷が張って雪が積もっています。この季節ならではの光景です。 散策道に沿って、シカの足跡が続いています。いろいろな動物の足跡が見られるのが、この季節ならではのおもしろさです。 寒波到来で積雪は約30センチになりました。水辺の広場は適度な斜面があり、ソリ遊びが楽しめます。道路は除雪してありますので安心してご来園ください
 
1月26日(水) 
深山への登山ルート途中の『扇岩』に巨大なつららができています。活動拠点施設から歩いて40分くらいで行くことができます。2月12日(土)9:30〜の深山登山プログラムでも見ることができますので、ぜひご参加ください。   
2月
2月 6日(日) 2月15日(火) 2月15日(火)
冬の渡り鳥、『シロハラ』です。窓ガラスにぶつかって、しばらくじっとしていましたが、無事に飛び立っていきました。 またまた、雪がたくさん降りました。ひざまでの長靴が隠れる(25cm)ほどでした。この冬は何回雪かきをするのやら・・・・ さっちゃんの帽子が重たくつぶれそうです。 う〜ん 写真が日陰でわかりにくいかな?ビオトープの池が凍っています!!
 
2月16日(水)  
深山山頂付近です。なんと積雪70センチです。でも雪質が堅いので、ちゃんと歩けます。
  
3月
3月 3日(木) 3月 3日(木) 3月19日(土)
『ふきのとう』がようやく顔を出しました!
1〜2月に雪が多く寒かったせいか、例年より2〜3週間遅れでの出現となりました。
セツブンソウも花を咲かせました。
今日は久しぶりの雪景色となりましたが、春の足音が聞こえてきそうです。
ようやく梅の花が咲き始めました。
まだ雪が降る日もありますが、日だまりではテングチョウやルリタテハなどの、越冬していた昆虫たちも見られます。
 



Home