里山歳時記 平成19年度
 4 月  5 月  6 月  7 月  8 月  9 月
 10月  11月  12月  1 月  2 月  3 月
4月
4月1日(日) 4月3日(火) 4月4日(水)
今年もサクラ情報をお伝えする季節が巡って参りました。今年は季節の進み方が少し早いので、急いでアップしないと・・・。ということで本日から公園のサクラ情報を毎日更新して行きますので、お楽しみに! ヤマザクラが咲いていました。普通ソメイヨシノより開花は遅いのですが、今年は異常?ヤマザクラは葉の展開と同時に開花します。 えっ!?雪・・・。もう気分はお花見モードだったのに・・・。2月は異様に暖かく、3月はやたらと寒い日が。そして4月は早々に雪。今年はややこしい日が続きますね。咲き始めたサクラもびっくり!
4月13日(金) 4月20日(金)
ささやまの森公園内で現在進めている植物調査。その調査で判明した園内に自生する116種類の植物を美しい写真とともに紹介した、その名も「花だより」ポスターがついに完成しました(A1サイズ)。 ささやまの森公園は、平成14年7月21日に開園以来5年を迎え、4月15日に満開の桜のもとで記念式典を行いました。
この式典を記念して、公園入り口に杉の丸太(高さ4メートル、直径40センチ)の標柱を活動スタッフの方が作り設置しました。
また式典当日、昆虫を呼ぶ森「万兎の森」の森開きを行いました。
5月
5月9日(水) 5月17日(水) 5月24日(木)
フジの花が満開!特に今年は花数が多く見られます。綺麗な花ですが、ツルがあらゆる木を傷付けるので困ったものです。 久々に園内を散策すると、タニギキョウ、ギンラン、フタリシズカ、キュウリグサなどが可憐に咲いていました。小さなかわいい花を見ていると優しい気持ちになりますね。 木に太い枝?
ヘビ!気持ち悪かったです。何を狙っているのでしょう?目があった気がしたので急いで去りました。
5月25日(金) 5月27日(日) 5月31日(木)
毎年公園中庭のエノキに大発生するヒオドシチョウの幼虫。それらがサナギになろうと軒下の梁(はり)に一斉によじ登ってきました。その数ざっと数十匹。しかし無事にチョウに羽化できるのは2〜3匹といったところ。自然は厳しいですねぇ。 軒下の梁(はり)や垂木(たるき)の上をモソモソと這い回っていたヒオドシチョウの幼虫ですが、見事サナギに変身しました。これであと1週間もすれば、オレンジ色の翅が美しい蝶の姿が見られることでしょう。 コアジサイが咲き始めました。
淡紫色のかわいい花で、好きな花のひとつです。
6月
6月1日(金) 6月7日(木) 6月19日(火)
ツバキの枝に出来た「虫えい」!気持ち悪いです。中に入っている虫は何かな?
よく膨れたなって感じです!
モリアオガエルの産卵が始まっています。雄雌共同作業のこの産卵の様子はお見事で、毎年楽しみにしています。気候が不安定なのが原因なのかチョット泡巣の数が少ないような気がします。 園内にササユリが咲き始めました。毎年、咲いているカ所をチェックして回るのを楽しみにしています。昨年咲いていた場所には咲かず、新たな所に咲いています。目も心も和みますね!
6月29日(金) 6月30日(土)
梅雨のこの時期、いろんなキノコが出ています。きのこウォッチングをするならこの時期がいいかも!きのこを見つけながら散策するの楽しいです。 ヤマドリが死んでいました。どうして?
生き物の世界で何があったのでしょう?
7月
7月11日(水) 7月12日(木) 7月19日(木)
ネムノキの花が咲きはじめました。雨に洗われ鮮やかさが増してきれいです。今年はたくさんの花を見れそうです。 うっとおしい梅雨の季節に加え、台風の影響で雨・風・じめじめ感が続いています。
たいこ橋の丸太にきのこがポツ!ポツ!ポツ!
この他にも園内にきのこがニョコリ!
雨の中散策するのも楽しいです。
雨が続いてなかなか見に行けなかったのですが、晴天の今日、やっとグンバイトンボを見ることができました。
レッドデータBランク。

毎年楽しみにしています。
7月26日(木) 7月31日(火)
梅雨が明け、いよいよ夏本番!
園内のあちらこちらでセミが鳴いています。
セミの撮影はチョット難しかったので、抜け殻を紹介しま〜す。
シカが駐車場の柵にひっかかり死亡!
頭を突っ込んだものの体が大きくて抜けなくなった様子。通報があった時には、すでに腐敗が進んでいて処理が大変でした。
8月
8月8日(水) 8月17日(金) 8月17日(金)
ウバユリが咲き始めました。
花の咲く頃に葉がないので、歯なしの姥にたとえて名前が付いています。
サギソウが咲いています。花は特異な形で純白。暑さに弱そうですが、猛暑が続くなか涼しそうに咲いています。 厳しい暑さが続いていますが、園内にはバッタがおり、暦のとおり秋をむかえています。
8月22日(水) 8月28日(火)
4・5日前からタムキマメが咲き始めました。例年より少し早いように思います。雨が1ヶ月降っていないうえ猛暑!いろんな動植物に影響が出ているようです。 ウマオイがゴキブリを食べていました。弱肉強食の世界です。
じっと見ていたらウマオイが巨大な怪物に見えてきました。
9月
9月4日(火) 9月13日(木) 9月17日(月)
ツチアケビの実がなっています。花から想像できない妙な形で、ウインナーソーセージのような!サツマイモのような! 日中はまだまだ夏を感じる暑さが続いていますが、里山はススキが咲き、クリが落ち始め、秋の衣替えが始まっています。 ツリフネソウが咲いていました。紅紫色が鮮やかで綺麗で、花は大変ユニークな形をしています。
9月19日(水) 9月20日(木) 9月21日(金)
カマキリ交尾中を撮影!
血が下がりそう・・・!
ダム修理のため長期にわたり水が抜かれました。満水時は木々根元まで水があります。ダムの中に隠れている川・田畑・木が昔のまま姿を現しています。 種まきから1ヶ月が経ちました。ご覧の通り、そばの花が満開です。今年も豊作を約束するかのように力強く咲きほこっております。
10月
10月12日(金)
「里山まつり」が終わり落ち着いたので久々に園内を散策すると、アケボノソウ・アキチョウジ・ツリフネソウ・リュウノウギクなどが咲いていて、クサギの実が熟していて、キノコが出ていてと、すっかり里山は秋本番!残暑厳しかった9月中旬から急に朝夕涼しくなりいっきに秋を迎えたようです。
10月21日(日) 10月25日(木) 10月28日(日)
朝夕の冷え込みが急に厳しくなり、黄葉も始まりかけました。きのこもいろいろ出ていて散策するのが楽しみな季節になりました。
5年前は2・3個しかなかった銀杏が、年々増えて今年はい〜ぱい!不思議ですね。
姫リンゴのようなツバキの実がなっています。昨日・今日の雨に洗われて一段と綺麗においしそうに見えます。
11月
11月6日(火) 11月13日(火) 11月13日(火)
ヤマノイモの黄葉が目に付きます。夏場はあまり気づきませんでしたが、こんなにもたくさんあったなんて!今年の冬は自然薯掘りに精を出すとしましょうか。 リンドウが咲いていました。冬に向かうこの時期に、優しく美しく里山を飾っています。
今年は豆柿がたくさん実をつけています。
ちょっと渋いので鳥にも食べられず残っています。甘かったらいいのにね!
11月20日(火) 11月28日(水)
今年もセンブリが可愛く咲きました。昨年見た日より1ヶ月ほど遅いのですが、まだまだつぼみがあり楽しみです。
柿がおいしそうに熟してきました。そろそろ採り時かなぁと思っていたら・・・、ありゃま、枝に付いたままの状態で何者かが齧っているではありませんか!犯人は誰だ!テン・・・かなぁ?
12月
12月2日(日) 12月20日(木) 12月20日(木)
毎年ですが公園駐車場近くのモチツツジが1本だけ狂い咲きします。今年は最高の花の数で、日があたっているこの場所だけが春のようです。 フユイチゴが、日に照らされ宝石のように輝いて、山の麓を飾っています。
ちょっとしたクリスマスの電飾のようです。
散策路を歩いていると、落ち葉のしたにドングリがいっぱい!踏んで転びそうでした。今年はドングリの多い年でした。
12月22日(土) 12月27日(木) 12月27日(木)
プログラム「しめ縄作り」終了後、公園の御神木(モミの木)につけるしめ縄を作りました。6mのしめ縄も9人かかるとアッという間に完成しました。 活動スタッフ2名が、神社の倒木を使用して火鉢作りに挑戦!ついに本日完成しました。形といい艶といい立派です。お二人の根気と丁寧な作業には感心しました。 活動スタッフにお世話になって作った門松・歳徳神・しめ縄を飾り、新年を迎える準備ができました。
明日からは雨で大晦日は寒波の予報。いよいよ厳しい冬到来かな・・・!
1月
1月11日(金) 1月14日(月・祝)   1月17日(木)
フキノトウが芽を出していました。ここ数日3月頃の陽気だったので、すがたを現したのかな。このまま春になればと思ったのですが、植物にとっては冬の寒さも大事なのですよね。 本当は明日がとんどの日ですが、公園が休園日なのでプラグラム中にとんどをしました。しめ飾りや書初めなどを天高く燃やしました。 とうとう本格的に雪が降りました。この冬初めての雪景色です。深雪を踏みしめて歩くのは気持ちいいです!
1月25日(金) 1月26日(土)
積雪25p ラッセル車が出動!
この除雪車は、運搬車に雪除けを特別装備したもので、大活躍!
お陰様で道の雪がきれいに除けました。
昨日からの冷え込みで見事なツララができていました。一番長いもので110pあり、下の立つと突き刺さるようで怖かったです。
2月
2月9日(土) 2月13日(水) 2月14日(木)
毎日雪がよく降ります。朝10時ころまで中庭の芝生が見えていたのにアッという間に一面真っ白!3時には約10p積もりました。明日の朝は、また恐怖の凍てた坂道を出勤です。 最近吊るし柿にやたらと傷がつくなぁ、なんて思っていたら犯人が現れました。なんと2羽のメジロでした。「こら〜っ!吊るし柿ドロボウめ〜っ!」って怒ったりしないから、そのきれいな姿を近くでじっくりと見せておくれ〜。 今朝もガチガチに凍てついて、まるで冷凍庫の中にいる感じ。そんな極寒の世界で小さな命を発見。エノキの木にへばり付くゴマダラチョウの幼虫です。冬の寒さに耐え、じぃ〜っと春を待つ。そんなけなげな姿を見ているだけで、なんだか暖かな気持ちになりました。
2月27日(水)
ささやまの森公園は今日も雪。今季は本当によく降ります。はっきり言って、もう降りすぎです!夕方になってからこんなに降られると明日はまたアイスバーン通勤です・・・。こんな厄介な雪ですが、良いこともあります。それは花粉が飛ばないということと、雪景色がきれい、ということです。なんて私はポジティブなんでしょう!
3月
3月8日(土) 3月14日(金)
2月は雪・雪・雪、本当によく降りました。公園の山すそには、まだ雪が残っています。
昨日もあられが降り、春はまだまだかなと思っていたのですが、セツブンソウが咲いていてフキノトウが出ていて、自然界ではちゃんと春がやってきています。
篠山市内とその近郊で撮影した自然写真の展示を始めます。日頃何気に暮らしている私たちの街の中に「こんな生きものがいるんだ!」とか「こんな美しい風景があるんだ!」と気づいてもらえればうれしく思います。
3月18日(火) 3月18日(火) 3月23日(日)
スミレが咲いていました。2月の大雪がウソのように春が駆け足でやってきています。 昨年の秋,、ドングリがたくさん落ちました。それがあちらこちらで根をつけています。発芽できるかな? 本日は薄曇で肌寒い一日です。その上風は強く、スギ花粉も舞い踊っています。そんな気分がふさぎがちな中、公園のウメがようやく咲き出しました。こんな光景を見るだけで気分がホッとします。



Home