活動拠点施設  

公園事務所や休憩所、トイレなどがある建物です。また室内プログラムもこの施設内の「森の道場」で行われます。

昔なつかしの手押しポンプ。地下深くより汲み上げられる水は冷たく清冽。

和室の床の間に掛けている当公園運営協議会顧問「河合雅雄」直筆の掛け軸。

公園の正面玄関です。

中庭では、案山子の「さっちゃん」がお出迎え。

たいこ橋を渡るとすぐに見える
水車小屋。中には2基の杵と臼が
米をついています。

たいこ橋。園内を流れる小川に架かるアーチ型の木製橋。

たいこ橋を渡ると東屋(あずまや)。ここで森の景色を眺めながらくつろいで下さい。

台所。ここで「料理教室」などのプログラムが行われる。

「森の道場」と呼ばれる研修室。

「森の道場」の隣にある「和室」。6畳と8畳の2間からなる。

春のささやまの森公園「活動拠点施設」。

戻る
Home

鳥になって公園を眺めてみる。写真の上の方の青い部分は「八幡谷(はちまんだに)ダム」、下の方のひらけている所は「水辺の広場」。

「森の道場」の中へ。10m×7mの広さがあり、ここで室内プログラムや会議・講演会などを行う。