プログラム

6月8日(土) モリアオガエルとホタルを観よう
この時期恒例の人気プログラムです。

(左上)
紙芝居形式で、カエルとホタルについて学びました。

(右上)
モリアオガエルのいる池に行く途中で、タゴガエル(写真右)とアカガエル(写真左)とヒキガエルがいました。
(左下)
モリアオガエルの卵塊が5つほどありました。

(右下)
モリアオガエルの親カエルも見られました。
 6月9日(日) ダンボールでピザを焼こう
ダンボール箱でピザ釜を作り、生地から作ったPIZZAを焼いて美味しく頂きました。

身近な材料で簡単に作れて、しかもパリッとあつあつのピザが楽しめました。「ダンボールでピザができるんだぁ〜」っと、好評でした。
またPIZZA…楽しんでくださいね。
6月15日(土) ウッドワークショップ〜ハンガーラック作り〜
檜や杉の枝付き部分の皮をむいた木とコンクリートの台の異素材を生かしたハンガーラックを作りました。
@使用時をイメージした材料選び。
A卓上用ラックパーツ作り。
Bコンクリート成形の型作り。
Cコンクリートの台作り。
 完成品見本
 6月16日(日) 里山伝承 〜端午の節句・ちまきを作ろう
チマキザサの新葉のころに作られるちまきです。

(左上)
事前にチマキザサの葉とイグサを採集しておきました。

(右上)
米粉を練って蒸し、杵臼でつきます。

(左下)
ススキの葉も使って丁寧にまいていきます。

(右下)
10本にまとめて1セットです。形も芸術的です。
  
6月21日(金) 草木で染めよう〜ネムノキ〜
ネムノキの樹皮や枝葉を煮出して染めました。

(左上)
樹皮を削り取り、大鍋で煮ます。

(右上)
黄緑色の染液になってきました。

(左下)
持参の布を染めます。

(右下)
素材によって微妙に染め具合が異なるのも、おもしろいです。
 
6月22日(土) 里山伝承 〜黒豆を栽培しよう〜 第1回 苗の定植
丹波篠山特産の黒大豆育てて、枝豆と黒豆で収穫するプログラムです。

(左上)
地元農家の方から説明を聞きました。

(右上)
あらかじめ芽出しさせておいた苗をとります。

(左下)
溝を掘った中に45p間隔で植えていきます。

(右下)
最後に水やりをしました。
6月22日(土) 森にすむカエルを見つけよう
森を歩きながらカエルをメインに探しました。

(左上)
最初にカエルについてのクイズで楽しく学びました。

(右上)
池のほとりにモリアオガエルの卵塊がいくつもありました。親のカエルもいました。

(左下)
卵塊は全部で10個くらいありました。

(右下)
タゴガエルもいました。
6月29日(土) 3種類のホタルを観よう
雨天中止
里山文化
6月5日(水) ベンチ作りB
 
道具の使い方も慣れ、作業がはかどりました。丸太のベンチが完成しました。
 6月12日(水) 野草茶作り
 
ドクダミ、チガヤ、カラスノエンドウなどの乾燥葉を炒って煮出し、試飲しました。
森の学校
6月1日(土) 草木染め・自然観察
 
午前中は、スギの葉を煮出してハンカチを染めました。フリスビー作りもしました。
 
午後はハイキングコースを歩き、生きものを観察しました。
Home
ささやまの森公園
トップページ > 活動報告 令和元年6月
6月19日(水) モリアオガエル観察
カエルの種類や生態を学んだあと、実物を観察しました。
 6月26日(水) こんにゃく作り
 
茹でた芋をミキサーにかけてから炭酸ナトリュームを入れ、しばらくおいてからよく混ぜました。最後に茹でて水にさらしたら完成です。

活動報告 令和元年6月

6月30日(日) 布スリッパを作ろう
専用の布で、はきこごちのよいスリッパを作りました。


(左上)
ビニールひもに編んでいきます。

(右上)
ボランティアスタッフさんの丁寧な指導のもと、公園特製の編み機で編みました。

(左下)
1時間30分ほどでここまでできました。

(右下)
完成しました。
夏場の床履きにぴったりです。

森の学校

里山文化

プログラム風景

トライやる