8月10日(土) 水辺のいきものを探そう
渓流にすむ生きものを探して、観察しました。

(左上)
ペットボトルで、セルビン(わな)を作りました。

(右上)
セルビンを仕掛けた後、網でヤゴやサワガニなどをつかまえました。

(左下)
タカハヤ、カジカの稚魚、トンボ、カゲロウの幼虫などが採れました。

(右下)
セルビンにはタカハヤがたくさん入りました。
8月10日(土) 黒豆栽培B  〜除草など〜
6月に植えた苗は順調に成長しています。害虫も少ないです。

(左上)
草をとります。

(右上)
花が咲き始めていました。夜の温度が低いとよく咲くそうです。

(左下)
追肥をします。

(右下)
台風に備えて倒伏防止の支柱とヒモを張りました。
8月11日(日) アマゴのつかみ取りをしよう
好評を頂いているプログラムです。

すばしっこいアマゴ、子供も大人も必死で捕まえました。

捕ったアマゴは自分でさばきます。

串刺しにして塩焼きにしました。

公園で作った炭で焼いたアマゴ。小さなお子さんも美味しく、満足そうでした。

「感謝して命をいただく」。普段の生活でも、多くの命に助けられて生活ができていることを学び、感謝を忘れないようにしてほしいと思います。
次回もお楽しみに!
 8月23(金) 草木で染めよう  〜藍の生葉〜
園内で育てた藍の葉を使ってシルクストールを染めました。午前と午後の部の2回行いました。

(左上)
プログラム直前に刈り取りました。

(右上)
枝から葉をとります。(葉のみを使用します)

(左下)
1人につき500gほどの葉をよく揉んで色を出します。

(右下)
今年は大きいストールを染めました。爽やかなブルーに染まりました。
8月24日(土) そば道場シリーズ(全4回)@  〜種まき〜
年末のそば打ち目指して、そばの栽培プログラムが始まりました。

(左上)
耕運機で整えた畝にクワで筋をつけます。

(右上)
そばの種です。

(左下)
筋にそって種を蒔きます。

(右下)
竹ぼうきで土を軽くかけます。
前日雨が降ったので水やりは無しとしました。
 
8月25日(日) 森の時計を作ろう
今年の「森の時計」はデザインを変えて制作しました。

巣箱や山小屋をイメージした時計に丸太とドングリで作った鳥などの生きものを飾り付けて、楽しい時計を作りました。

身近にある材料と道具で生きものや森を表現するテクニックも体験して頂き、今後の作品作りに生かして頂ければと思います。

自然の生きものをじっくり観察する機会も少ないと思います。表現に苦労されながらも、楽しく体験して頂きました。

また来園頂き、自然をじっくり観察してください。一緒に作品を作っていきましょう。
Home
ささやまの森公園
トップページ > 活動報告 令和元年8月

活動報告 令和元年8月

森の学校
8月3日/4日(土/日) 宿泊キャンプ
まずはテントを張ってから、野菜を切って、火を起こしてカレーを作りました。
翌日は川の中を源流目指して歩きました。しんどかったけどみんなで協力してゴールできました。

プログラム風景

森の学校

プログラム風景