9月5日(水) 陶芸@
マグカップの作陶をしました。少しづつ粘土を積み上げながら形を作っていきました。
9月19日(水) 藍染め
藍の染液が黄色から酸化して青に変化する様子を確認しながら、バンダナを藍色に染めました。
9月26日(水) 陶芸A
素焼きした作品に、絵付けと釉薬つけをしました。これから本焼きして完成です。
Home
9月2日(日) 木の枝で動物を作ろう
ドングリなどの木の実や木の枝を使って自由に作りました。

(左上)
何を作ろうか思案中です。

(右上)
ノコギリやハサミで切ったり、ボンドでくっつけたりして少しづつできあがっていきました。

(左下)
マンモスの完成です。

(右下)
熊さんが出来上がりました。
9月9日(日) ひょうたんランプを作ろう
たくさんのひょうたんから、お気に入りの形を選び、穴を開けるデザインから始めました。

ドリルで慎重に穴を開けていきます(左下)

途中、灯りをつけてデザインを確認しながら穴あけを進めていきます。

ひょうたんランプの完成です。
作品を並べ、鑑賞会をしました。

雰囲気のある作品が仕上がりました。
9月16日(日) 「ところてん」と「水ようかん」を作ろう

海でとれた天草は、内陸で冬に乾燥させます。

(左上)
森公園で天草を乾燥させて保存しておいたものを使いました。

(右上)
40分ほど煮て、冷やして固めました。

(左下)
ところてんにして食べました。

(右下)
こしあんを混ぜて、水ようかんも作りました。
 9月21日(金) 草木で染めよう  〜クルミ〜

秋の恒例となりました、クルミ染めです。

(左上)
オニグルミの枝葉、実を大鍋で煮込みました。

(右上)
チョコレート色になってきました。

(左下)
持参の布を染液に浸します。

(右下)
きれいに染まりました。
  
9月22日(土) 木の実を味わおう
森の中の、秋の味覚を味わいながら自然観察をしました。

(左上)
ヤマボウシの実が成っていました。

(右上)
バナナのような甘くておいしい味でした。

(左下)
ナツハゼの実を見つけました。

(右下)
黒く熟した実は甘酸っぱい味でした。他に、アケビやサルナシも味わいました
9月23日(日・祝) ロケットストーブを作ろう
秋のアウトドアーシーズンからウィンターシーズに向けて、何かと活躍が期待できるロケットストーブの製作を行いました。

身近な材料の一斗缶と煙突を使って手軽に楽しめるストーブです。

公園スタッフのアイデア満載のロケットストーブも紹介しました。みなさん、興味津々。

今回のロケットストーブにオリジナルのアイデアをプラスしてお楽しみください。

次回は一味違うストーブも考えたいと思います (^.^)
9月24日(月・祝) 黒豆豆腐とおからドーナッツを作ろう
丹波ささやまの特産品である黒豆を贅沢に使用した豆腐作りです。

(左上)
黒豆の皮をむきました。

(右上)
ミキサーにかけて、茹でます。

(左下)
型に入れて水気をきります。

(右下)
おからを使ってドーナツをつくりました。
9月30日(日) 稲作体験 第3回 稲刈り
雨天のため中止になりました 雨天のため中止になりました。

参加者の皆様からは「大変残念。稲刈りが楽しみでした。」とお声がありました。

収穫祭で報告させて頂きます。

プログラム風景

里山落語 ささもり亭

9月22日(土) 
     
桂小鯛さんによる落語を楽しみました。秋の里山に和やかな笑い声が響きました。
ささやまの森公園
トップページ > 活動報告 平成30年9月

活動報告 平成30年9月

稲作体験 第3回 稲刈

里山文化

森の学校

里山文化

プログラム風景