10月8日(月・祝)スギ玉を作ろう 第1回 屋根と竹かご作り
第1回はスギ玉の屋根とスギの葉を差し込む竹かご作りです。

材料作りからスタートです。
(左上)

切った材料をバーナーで焼いています。燃えてしまわないかと参加者の皆さんは少々不安です。
(右上)

焼き杉板が完成し、組み立てていきます。
棟に竹を取り付けますが、古民家で使用していた竹を再利用してみました。100年近くなると竹も固く、加工も大変でした。色は綺麗。

竹かごも出来て、本日終了。次回はスギ玉を作ります。
 10月12日(金)草木で染めよう 〜藍の重ね染め〜
    ヤマモモで染めた布に藍染めをする重ね染めです。

(左上)
ヤマモモの枝葉を煮出します。

(右上)
染液に浸して染めます。黄色に近い茶色に染まりました。

(左下)
塩ビの筒に布を巻きつけてシワをつけて藍で染めます。

(右下)
独特の色合いと模様に仕上がりました。
 
   
 
10月13日(土)里山伝承 〜黒豆を栽培しよう〜 
         第4回 枝豆の収穫

いよいよ黒枝豆シーズン到来です。
台風や猛暑の影響はいくらかありましたが、まずまず収穫できました。

(左上)
葉が少し茶色くなっています。

(右上)
よく膨れています。

(左下)
サヤだけをとります。

(右下)
今だけ味わえる贅沢です。
10月14日(日)稲作体験 第4回 収穫祭
本日は最終回の収穫祭でした。

今回の成果は秋の恵みに感謝するみなさんの笑顔です。

メニューは新米の栗ご飯、黒豆味噌の猪汁、ダッチオーブンで作る焼いもでした。

どうです!皆さんいい笑顔でしょ! (^.^)
お腹いっぱいになりました。

午後からは、ワラとツルを使ったリース作りをしました。
ワラ縄を編むのは大人も子供も初体験でした。

でも、うまく編めてましたね。
10月20日(土)秋の植物観察 
中止になりました
10月27日(土)そば道場シリーズ 第2回 ソバの刈取り
8月下旬に植えたそばが、台風や大雨を乗り越えて実りました。


(左上)
黒い実がたわわに成っています。

(右上)
根元から刈り取ります。

(左下)
束ねて乾燥棚まで運びます。

(右下)
棚に薄く置いていきます。これから約1か月乾燥させて脱穀します。
10月28日(日)スギ玉を作ろう 第2回 スギ玉作り
第2回はスギ玉作りです。
第1回で作成した球状のカゴにスギ葉を差し込んでいきます。
(左上)

スギ葉が絡んで落ちなくなるようにするまでが、なかなか大変な作業で、みなさん苦戦です。

下半分ができました。スギの葉の重さでカゴが外れたりします。
みなさん慎重に取り組まれました。(左下)

実は、もう少しのところでプログラムの時間が来てしまい、最後まで完成する事が出来ませんでした。でも、後日参加者の方が遠方より公園にお越しくださり、スギ玉を完成されました。

この日、別プログラムで担当スタッフがおり、仕上げまでご一緒させて頂きました。(*^_^*)
10月28日(日)男の料理

大人の男性が主役の料理です。

(左上)
園内で9月〜10月初旬に採集して冷蔵保存しておいた栗をふんだんに使いました。

(右上)
栗の皮をひたすらむきます。

(左下)
ナスを使った料理も作ります。

(右下)
栗おはぎ、栗おこわ、栗のお吸い物と栗三昧です。
森の学校
10月6日(土)こんにゃく作り
こんにゃく芋をミキサーにかけて、よくこねて作りました。できたての味は格別でした。
すごろくを作ったり、野外を散策してアケビの実を採って食べたりもしました。
Home
ささやまの森公園
トップページ > 活動報告 平成30年10月
10月3日(水) つる採集
次週のツル細工で使うツルを採りました。フジ、アケビ、クズ、へクソカヅラのツルが採れました。アケビには実が成っていました。
10月10日(水) つる細工
先週採ったツルでカゴ作りに挑戦しました。編みはじめは少々苦戦しましたが、個性豊かな作品が出来上がりました。

活動報告 平成30年10月

プログラム風景

森の学校

里山文化

プログラム風景

里山文化