8月2日(日) セミのぬけがらを探そう
今年で7年目になるプログラムです。梅雨も明けて夏本番。セミもどんどん鳴きだしました。

(左上)
森公園で見られるセミのお話を聞きました。

(右上)
よーく見るとたくさんの抜け殻が見つけられました。

(左下)
アブラゼミの抜け殻です。

(右下)
他にニイニイゼミ、ヒグラシの抜け殻もたくさん見つかりました。今年はニイニイゼミが最も多かったです。
8月8日(土)ささやまの森探検隊〜知られざる源流地帯をゆく〜
毎年、子供達だけではなく大人の方にも好評を頂いているプログラムです。

真夏の暑い日とは言え、森の中の川水はヒヤッとします。
そんな川の中を上流目指して歩きました。

服を着たまま水につかることはあまりないですよね(^_^)
日常とは違う、楽しい時間を過ごしていただけたと思います。

ささやまの森公園ならではの楽しいプログラムだと思っています。

夏はこうでなくっちゃ。

次回もお楽しみに!
8月9日(日)・10日(月祝) 水辺のいきものを探そう
梅雨も明けて夏本番。恒例の人気プログラムです。

(左上)
ペットボトルで魚をつかまえるワナ(セルビン)を作ります。

(右上)
水辺に仕掛けます。

(左下)
仕掛けている間に、渓流で生きものをつかまえて観察しました。サワガ二、トンボやカゲロウの幼虫などがいました。

(右下)
タカハヤがたくさんワナに入りました。
 8月22(土) 草木で染めよう  〜藍の生葉〜
春に種を蒔いて育てておいたタデアイの葉を当日の朝に刈り取って、藍染めをしました。午前の部と午後の部の2回行いました。

(左上)
みずみずしいアイの葉です。枝から葉のみをとりました。

(右上)
葉に塩を少し入れてよく揉みます。だんだん色が出てきました。

(左下)
シルクのストールを液に浸けて染めました。
空気と日光にあてると、緑色から青色に変化します。

(右下)
猛暑を吹きとばすような爽やかな色に染まりました。
8月29日(土) そば道場シリーズ(全4回)@  〜種まき〜
そばの栽培から収穫そして最後は食べるところまでのシリーズプログラムです。

(左)
畝の上にクワで筋を入れ、種を蒔きました。地元農家の方の説明を聞きながら皆さん熱心に作業されました。

(右)
ほうきで覆土してから、水やりをしました。3,4日すれば芽が出てくる予定です。1か月後に花が咲き、2か月後に収穫します。

 
8月30日(日) あまごのつかみ取りをしよう
アマゴのつかみ取りを行いました。

川に放たれた元気なアマゴを子供も大人も必死に追いかけました。

川でつかまえた魚を料理して頂く事はめったにないと思います。

楽しく過ごして頂けたことと思います。
後は串に刺して塩焼きにし、ご飯も炊いて美味しくいただきました。

アマゴに感謝していただきました。


トップページ > 活動報告 令和2年8月

活動報告 令和2年8月

プログラム風景