園内の動物
ささやまの森公園に暮らす動物たち
 野 鳥
 昆 虫
その他

(アイウエオ順)


※大きさ  L50cm、 W100cm。留鳥。

○特徴  暗闇でも見える目を持ち、顔の正面に位置するため、
     獲物との距離を正確にはかることができる。また耳の
     位置が上下にずれてついており、立体的に音を捕らえ、
     扁平な顔はパラボラのように集音機能がある。主に
     夕暮れ時から活動し、羽音をたてずに飛び回る。
     体色は雌雄同色。
     
○生活  平地〜山地の林、農耕地、草原などに暮らす。
     時には民家の天井裏で巣を構えることもある。
     
○食べ物 ネズミ類や鳥類など。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。  Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。

ハイタカ(鷂)

ワシタカ目ワシタカ科

兵庫県レッドデータBランク

○特徴  ウソと比べて胸から腹にかけて淡紅色が残る。
     成鳥のオスは頭が黒く、頬と喉は紅色。喉から腹に
     かけては淡紅色。成鳥のメスは頭が黒く、喉から腹に
     かけては灰褐色。


○生活   夏は高い山で過ごし、秋〜冬にかけて低山や平地に
        おりてくる。

○食べ物 草木の種子や芽。ソメイヨシノのつぼみ。昆虫類

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。 Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。
※大きさ  L17cm、W25cm。スズメ大。留鳥。

○特徴  背中側はコバルトブルー、腹側は鮮やかなオレンジ色。
     「飛ぶ宝石」の異名を持つほど美しい鳥。

○生活  平地から山地の川、池、湖などの水辺に生息し、
     水中にダイビングして魚を捕らえる。

○食べ物 魚、水棲昆虫など。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。 Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。

タニウツギの種子を食べるオス

公園事務所の大屋根でさえずる
胸のオレンジ色が鮮やかなオス
3月は繁殖期。つがいを見かける

※大きさ  L16cm、W26cm。丹波地方では冬鳥

Home

アカウソ(赤鷽)

スズメ目アトリ科

ヤマガラ(山雀)

スズメ目シジュウカラ科

メジロ(目白)

スズメ目メジロ科

フクロウ(梟)

フクロウ目フクロウ科


※大きさ  L14cm、W16cm。留鳥。


○特徴  体長はスズメほど。しかし約7cmもある長い尾を
     持つ。この特徴が名前の由来。体は白と黒で、背と
     下腹部の一部は淡いぶどう色。

○生活  枝にぶら下がったり、木の幹に垂直にとまったりして
     昆虫やクモを食べる。
     苔とクモの巣を使って袋形の巣を作る。

○食べ物 昆虫やクモ、木の実など。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。  Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。

オオルリ(大瑠璃)

スズメ目ヒタキ科

要注目種

撮影:宝塚野鳥の会 中山季子氏

キセキレイ(黄鶺鴒)

スズメ目セキレイ科

ジョウビタキ(尉鶲)

スズメ目ツグミ科

トビ(鳶)

タカ目タカ科

アオバズク
(青葉木菟)

フクロウ目フクロウ科

兵庫県レッドデータBランク

アカメガシワの実を食べにやってきた

コナラに木の又にとまるフクロウの成鳥。体色が樹皮に似るので、昼間でも見つけることは意外に難しい
背面のコバルトブルーが美しい

ルリビタキ(瑠璃鶲)

スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科

兵庫県レッドデータCランク

園内のクリ園になわばりを構えたオス


※大きさ  L♂32cm、♀39cm。W61〜79cm。キジバト大。
      丹波地域では冬鳥。


○特徴  成鳥オスは頭からの上面が暗青灰色。目先は白っぽく、
     目の上の眉斑はないか、あっても細い。体下面は白く、
     橙褐色の横斑が密にある。 成鳥メスは体下面が白っ
     ぽく、橙褐色の横斑があり、喉には数本の縦線がある。
     翼が短く幅広のため急減速、急旋回を自在にこなし、
     林内でも高速で飛び回る。

○生活  平地の林に棲み、林内、林縁部や農耕地で獲物の小鳥
     を狩る。丹波では冬季によく目にするようになる。

○食べ物 鳥類を中心にネズミ類など。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。 Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。


※大きさ  L14cm・W22cm。スズメ大。留鳥。


○特徴  翼が灰色で、背と腹が赤茶色をした小鳥。頭部は黒く
     、ほおとひたいはクリーム色。

○生活  平地から低地の林にすむ。昔は飼いならして縁日で
     「おみくじ引き」をやらせた。

○食べ物  昆虫や種子、木の実を食べる。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。 Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。


※大きさ  L12cm、W18cm。


○特徴  雌雄ほぼ同色。頭から背は黄緑色で、目のまわりが
     白い輪になっている。のどとお尻が黄色で、腹は白い。
     
○生活  山林にすみ、枝から枝へ活発に動き回り、餌をとる。
     クモの糸(巣)を使って小枝にお碗型の巣を作る。
     
○食べ物 昆虫類、クモ類、木の実、花の蜜。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。 Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。


※大きさ  L16cm、W27cm。夏鳥。


○特徴  オスの頭や背は、鮮やかな青色。腹は白く、
     顔〜のどは黒色。雌は頭〜背中と胸辺りは淡褐色で
     喉と下腹部は白い。
     
○生活  4月ごろに渡ってくる夏鳥。平地〜山地の渓流や湿地
     に近い林にすみ、高い木の梢でさえずる。ウグイスや
     コマドリとともに、日本三鳴鳥のひとつ。

○食べ物 昆虫類、クモ類。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。  Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。

エナガ(柄長)

スズメ目エナガ科

カワセミ(翡翠)

ブッポウソウ目カワセミ科

兵庫県レッドデータBランク

枝先にとまり、こちらをうかがう
巣立ち雛

冬、とり残された熟柿を食べる

日中は葉陰でじっとしている
戻る

ハンノキにとまり獲物を待ち伏せる

事務所の窓ガラスに激突したオスを保護
エサ台に集まる
(エサはヒマワリの種)
冬場、採り残されたカキは野鳥達の貴重な食料
ヤマザクラの枝にとまったメス

猛禽らしく鋭く大きな鈎状の
クチバシを持つ


※大きさ  L60cm、W160cm。留鳥。

○特徴  タカの仲間では一番ふつうに見られる。体は黒褐色
     で、つばさと尾は長い。「ピーヒョロロロ」と鳴く
     お馴染みの鳥。
     
○生活  海や川でよく見られ、繁殖期にはつがいで、
     非繁殖期には群れで行動する。
     
○食べ物 カエルやヘビ、昆虫類、屍肉、残飯などを食べる。
     自然界の掃除屋。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。 Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。

※大きさ  L14cm、W22cm。スズメ大。丹波地域では冬鳥。

○特徴  雄の上面は光沢のある瑠璃色で、目先と喉は白く、
     脇は橙色。雌は上面がオリーブ褐色、脇の橙色と尾の
     青は雄と共通。

○生活  夏は高い山の林にすみ、冬は山の麓や平地の林に
     下りてくる。暗い斜面や渓流に沿った林を好む。

○食べ物 昆虫類、クモ類、木の実。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。 Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。

撮影:梅津節雄氏

トラツグミ(虎鶫)

スズメ目ツグミ科

巣箱から顔をのぞかせるヒナ

葉を落としたモミジの枝にとまる
巣材のコケを運ぶ
柿木にとまり獲物を待ち伏せる


※大きさ  L20cm、W26cm。

○特徴  お腹がきれいな黄色で、尾が長い。頭から背にかけて
     灰色で、胸から腹は黄色。まゆとほおの線は白く、
     腰も黄色。
     
○生活  建物、石垣、崖などのすきまに巣を作る。縄張り意識
     が強く、車のミラーに映った自分を攻撃したりもする。
          
○食べ物  昆虫類、クモ類。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。 Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。
4月、芽吹き出した木々の梢に飛来した成鳥のオス


※大きさ  L15cm、W22cm。スズメ大。冬鳥。


○特徴  オス、メスともにつばさに白い斑があり、腰と尾の
     両側は赤橙色。オスは頭が銀灰色で、胸から腹が
     赤橙色。顔からのど、つばさは黒い。
     
○生活  秋に渡って来て、林縁部や人家のまわリ、
     農耕地などで生活する。
     
○食べ物 昆虫などの小動物、木の実。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。 Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。
      

「ピーヒョロロロ」と鳴きながら大きく旋回する


※大きさ  L29cm、W71cm。ムクドリ大。夏鳥。


○特徴  ズクの名があるが耳のような羽毛はなく丸い頭をしている。
     頭や背は黒褐色で胸と腹は白く、黒い縦の斑が入る。
     目は黄色い。

○生活  山地の林、鎮守の森など大木の樹洞に巣をつくる。
     屋根裏で繁殖することもある。

○食べ物 昆虫やカエル、小鳥など。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。 Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。

こちらもタニウツギの種子を
ほおばるメス

晩秋から冬にかけてシジュウカラやメジロなどの群れに混じって行動を共にする(混群)

ヒナにエサを運ぶ親鳥
地味な羽色のメス
明け方の林床を闊歩する


※大きさ L30cm、W47cm。

○特徴  全身が黄褐色で、黒褐色の班模様を持ち、夜の森で
     「フィ〜ッ、フィ〜ッ」と不気味な声で鳴く。

○生活  ツグミの仲間では最大。丘陵から低い山地の暗い
     広葉樹林に棲息する。冬には明るい庭先などにも
     やってくる。

○食べ物 ミミズ、昆虫、木の実など。

※Lはクチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)。  Wは翼を開いた時の長さ(翼開長)。