園内の動物
ささやまの森公園に暮らす動物たち
 野 鳥
その他

(アイウエオ順)

 昆 虫

アカネズミ(赤鼠)

ネズミ目ネズミ科

日本固有種

ニホンカナヘビ(日本金蛇)

トカゲ目カナヘビ科

日本固有種

ニホンテン(日本貂)

ネコ目イタチ科

ホンドタヌキ(本土狸)

ネコ目イヌ科

シロマダラ(白斑)

ヘビ目ナミヘビ科

兵庫県レッドデータCランク

ニホンイタチ(日本鼬)

ネコ目イタチ科

ニホンイノシシ(日本猪)

ウシ目イノシシ科

ニホンザル(日本猿)

サル目オナガザル科

日本固有種

ニホンノウサギ(日本野兎)

ウサギ目ウサギ科

日本固有種

ニホンマムシ(日本蝮)

ヘビ目クサリヘビ科

日本固有種

モリアオガエル(森青蛙)

カエル目アオガエル科

日本固有種


兵庫県レッドデータBランク

久しく使用していなかった炭焼き窯の中に潜んでいた
6月の繁殖期。1匹のメスに数匹のオスが取り付いて産卵をする。
繁殖期には容易に見ることができる
切り株に座ってクリをほおばる
小さな目がうろこに埋もれるようについている
魚をくわえ、川を泳ぎ渡る。
日中姿を見るのは極めて稀
日光浴するカナヘビ
ポリポリと音をたてながらクリを食べる
冬のテン(スステン型)
しばしば園内の農園を荒らす
保護色のため落ち葉の上にいても目立ちにくい

○生息環境 森林。池沼、水田、湿地で産卵。

○大きさ  ♂4〜6cm、♀6〜8cm。

○特徴   体色は緑色で個体により不安定な斑紋がある。
      虹彩は赤色。

○生活   単独で生活。樹上で行動。冬眠する。

○食べ物  昆虫、クモ類など。
      

気性が荒く、触ろうとすると威嚇の態勢をとる。しかし効果がないと分かると、死んだふりをする

深夜、巨木の根元でうろつく

タカチホヘビ(高千穂蛇)

ヘビ目ナミヘビ科

兵庫県レッドデータCランク

○生息環境 森林、農耕地、河川敷など。

○大きさ  9〜14cm(尾は含まない)。

○特徴   体毛は背中が橙褐色、腹側が白色の
      ツートーンカラー。

○生活   主に地上で行動し、地面に穴を掘って巣を作る。
      夜行性。

○食べ物  植物の種子や根、昆虫など。

カイセン病を患った哀れなタヌキ

○生息環境 平野部、山間部の主に水辺。

○大きさ  ♂29〜37cm、♀20〜26cm
      (尾は含まない)。

○特徴   体毛は赤褐色や暗褐色。泳ぎや潜水が得意。

○生活   単独生活。昼も夜も行動。

○食べ物  ネズミ類、昆虫、魚、カエルなど。

○生息環境 森林、農耕地。

○大きさ  120〜150cm(尾は含まない)。

○特徴   体毛は黒褐色。♂♀共にキバを持つ。

○生活   母子は群れ、雄は単独生活。本来は昼行性だが、
      人の影響で夜行性。

○食べ物  雑食性で新葉、根、果実、サワガニ、カエルなど
      おおよそなんでも食べる

○生息環境 平地から低山地の藪や草地、庭先など。

○大きさ  50〜70mm(尾を含まない)。
      尾を入れると160〜270mmにもなる。

○特徴   背面は茶色、腹面は白色または淡黄色。
      尾が長く危険が迫ると尾を切り離す(自切)。

○生活   単独で生活。昼行性。

○食べ物  昆虫、クモ類。

交尾シーン。咬みついているのがオス。

○生息環境 森林。

○大きさ  ♂45〜49cm ♀41〜43cm
      (尾は含まない)。

○特徴   冬毛は黄色のキテンと褐色のスステンの2タイプ
      がある。
      夏毛は褐色胸にはオレンジ色や黄色の斑紋がある。

○生活   木登りが得意。昼も夜も行動する。

○食べ物  ネズミなどの小動物や果実

夏のテン

○生息環境 平野部、山間部。里山周辺。

○大きさ  50〜60cm(尾は含まない)。

○特徴   体毛は黄褐色で黒色の毛が混じる。手足と目の
      まわりは黒い。

○生活   親子や家族で生活し、みんなで1ヶ所に
      「ため糞」をする。夜行性。

○食べ物  雑食性。おおよそなんでも食べる

川の土手に姿を現した

撮影:谷口次男氏

○生息環境 山地〜平地。

○大きさ  30〜70cm。

○特徴   背中が白褐色で黒い横帯がバンド状に入る。

○生活   夜行性。個体数は少ない。

○食べ物  トカゲ・ヘビなどを主に食べる。

○生息環境 平地から山地。

○大きさ  30〜60cm。

○特徴   成熟すると体色は褐色から紫がかった褐色になる。
      背中線上の黒いラインがはっきりと尾端まで入る。

○生活   地中性で夜行性。性格はおとなしい。

○食べ物  ミミズを主に食べる。

巣穴からひょっこり顔を出した
森の奥からこちらをうかがう

○生息環境 森林、農耕地など。

○大きさ  ♂53〜60cm。♀47〜55cm。

○特徴   体毛は茶褐色〜灰褐色。

○生活   群れで生活。

○食べ物  雑食性。

○生息環境 森林・草原・農耕地。

○大きさ  45〜54cm。

○特徴   夏毛は茶褐色。多雪地域にすむ個体は冬になる
      と、耳の先以外は真っ白になる。

○生活   単独で生活。主に夜行性。

○食べ物  草・木の葉・若枝。

芽吹いたばかりの若草を食べる

○生息環境 森林やその周辺の田畑。

○大きさ  40〜65cm。

○特徴   赤褐色で背中の左右に楕円形の斑紋。毒ヘビ。

○生活   単独で生活。夜行性。冬眠する。

○食べ物  カエル、ネズミなど。

Home
戻る
小さいながら迫力のある面構え

熟柿をくわえて疾走する

和名は昆虫学者の高千穂宣麿男爵に由来